2017年02月22日

スッキリ茶!

ちょっとびっくりの出来事。

昨日郵便局に行ったら「試供品でーす飲んで見てくださーい」とティーバッグを渡されました。
IMG_0321.jpg

ちらっと見て、ハーブティーっぽかったので「ああ、花粉症のお茶かあ」と思い、家に帰ってまじまじと見てみると
IMG_0323.jpg

「ん?お子様だめ?妊娠中、授乳中だめ?なんのお茶だ??」と思い付属のチラシをよく見てみると・・・
そう!便秘解消のお茶でした

しかも、薬ではないのでしっかりとした効能もうたえず、「スッキリ」を連発しているのですが、全文読まなくちゃ分かりにくい(笑)
 最後に「ゆっくり出来る時に飲んでください」との一文が

 電車乗る前に飲まずに良かったです。というより、飲む必要性がないです

posted by 本間ようこ at 18:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症と戦う!

 先日、患者様と「とうとう花粉症が始まりましたね。田舎より都会の方が花粉症が多い気がしますよね」と話をしました。
 よく言われるのが、都会はアスファルトが多いので、田舎と違って花粉が土壌に吸収されにくい。空気汚染が進んでいてホコリや排気ガスが皮膚を刺激しやすく、アレルゲンが入り込みやすくなるということです。
 
 花粉症をひどくしないために、私がよくアドバイスすることは、皮膚をよく保湿すること。下半身を温めることです。
皮膚の保湿に関してはマスクが非常に有効です。昨今はすごい機能のついたマスクがいろいろ出ていますが、私がいつもオススメするのはガーゼマスクです。

 使い捨ての不燃紙マスクは保湿力がイマイチですが、昔ながらのガーゼは保湿力、保温力共にバッチリ。鼻の通りも非常に良くなります。

あまね鍼灸マッサージ室での花粉症治療は多めにお灸を使用します。上半身は小さくひねったお灸で「チリッ」とした熱さが出るまですえていきます。反対に下半身は温灸を使ってゆっくりと全体を温めることが多いです。

 続けていくと、花粉症の症状が出にくくなっていきます。そしてつられて肩こりも楽になっていくので一挙両得です(笑)ぜひ受けて見てください。

amaneバナー.png

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
posted by 本間ようこ at 00:30| Comment(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする