2017年03月08日

日経メッセ・ヘルスケア・スポーツに行って来ました。

 以前から興味のあった日経メッセ「ヘルスケア・スポーツ」の展示会を見学しに東京ビックサイトに行って来ました。
すぐに鍼灸の臨床にすぐつながるものはあまりなかったけれど中々面白いものが見られました。

 まずは腸内で水素ガスを発生する牛乳。昨今、「水素は活性酸素を除去し、アンチエイジング効果がある」と水素水がブームに乗って非常に売れていましたが、先日国民センターから「水素水と銘打って売られているもののほとんどが記載されている水素量が入っていない」と衝撃の発表をし、各省庁に注意を促しました。
 どうやら水素は分子の大きさがあまりにも小さいので、抜けてしまうようです。もしくは業者が初めから虚偽の数値を記載しているようです。
 そこからすると「町内で水素ガスを作る」というコンセプトは面白いなと思います。ただ私は牛乳があまり好きでない上に、あまり患者様に進めている食材ではないので。。。パスです。

 次に「これはアリかな?」と思ったものは、センサーがついたハーネスベルトを装着し、関節を動かして、関節可動域を分析し、その人の贅肉のつきやすい場所や、骨格の歪み、効果的なトレーニングなどをプリントアウトしてくれるソフト。
 整形外科疾患では特に治療前と治療後の体の動きをビフォーアフターで確認しますが、このベルトをつけて測れば一気に分析までできて、結果が紙で出てくるので説明しやすいという利点があります。少し高価ですが検討してみます。

 そして気に入ったのが『世界ゆるスポーツ」です。これは世界ゆるスポーツ協会がルールを作ったもので、アイデアが非常に面白かったです。
例えばコタツのテーブルの上で、湯飲みにお茶を入れて、みかんでエアホッケーをする。。。とか。
 スポーツ弱者を作らないスポーツ。教育現場でももっと生かされていいのかなと思いました。

 なるべくいろいろなものを勉強してより良い臨床につなげたい。。。と思います。
amaneバナー.png
ラベル:スポーツ
posted by 本間ようこ at 22:46| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

読んでいて飽きません。ゆるかわ妖怪絵

 私は絵本や挿絵のある本が大好きです。本当は治療室にも置きたいのですが、何分小さい治療室なので、待合に置けないのが実情です

今回のヒットは母がプレゼントしてくれたこの本『ゆるかわ妖怪絵』by講談社です。
IMG_0549.jpg

これは妖怪の書かれた絵巻をストーリーを追いながら紹介してくれます。どうしてこんな形で書いたんだろうと、昔の人の想像力に驚かされます。
実は私が鍼灸学校の学生時代に同じことを思ったことがあります。それは中国で遥か昔に書かれた臓腑の絵です。
現代西洋医学でいう内臓と、東洋医学でいう臓腑は似て非なるものです。中国では後漢(25−220)の時代には解剖が始められていたようです。解剖は東南アジアにおいては非常に辱めを意味する行為だったようで、おそらく何か罰を受けた人たちなどが解剖されたようです。

しかしながら、解剖して、実際の臓器が見られるにもかかわらず、書かれた『肺臓』の絵がこれです。
スクリーンショット 2017-03-05 0.23.03.png

どうですか?実際目で見る『肺』とは随分違うと思います。これは実際目で臓器を見た上で、東洋医学の肺臓の機能を融合させたのでこのようになったと言われています。

このように、昔の人たちは「目で見えるもの」だけに捉われていたのではなく、主観も含めて全体を重視していたように想像するのです。

私も姿形だけでなく、全体を捉える治療家になりたいなーと改めて思いました。
posted by 本間ようこ at 00:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

「変わりたい」を引き出す(依存症セミナー)

先日「依存症」のセミナーで勉強して来ました。
依存症という言葉自体はもう古い言葉で、現在では「物質使用障害」と言い換えられます。これを私たちが思いつきそうな言葉にさらに変えていくと「アルコール中毒」「タバコ中毒」「インターネット中毒」「ゲーム中毒」などが挙げられます。
物質使用障害は「コントロールできない」「有害なことがあっても使う」「他のことを犠牲にする」という3つがあるといわゆる依存しているということになります。
 どのような機序で依存になるのかというと、中毒物質が脳内報酬系という食行動や性行動などの本能的快感をもたらし行動の継続、種の保存を測る回路を乗っ取ってしまい、自分でやめるコントロールができなくなってしまうのです😞
 この脳内報酬系の回路が乗っ取られると、条件反射で使いたくなってしまいます。例えば、パブロフの犬のようにです。

 そして最近急増しているのがインターネットゲームの使用障害です。正確な統計は出ていませんが、おそらく日本国中に51万人ほどいるであろうと考えられています。しかも青少年を中心にです。💧よく聞くアルコール依存症が約100万人といわれていますので、非常に多いのだと気づかれると思います。

インターネットゲームの使用中毒は心の成長の妨げになります。
・物質・行動ですぐに気分が変わってしまう。
・待てない
・人間関係からの逃避
・自己評価の低下
💥衝動的・反社会的になっていく。インターネットは犯罪の温床であり、危険である一方、コミュニケーションや情報蒐集の必需品で「やめなさい」とは言いづらい。そしてスマホとゲームは強いブルーライトが出ており、脳が昼間と錯覚し、睡眠障害を引き起こす。

そこで行政もスマホ使用の制限に自治体が取り掛かった。例えば愛知県は夜9時以降は保護者がスマホを預かるなど、罰はないが各家庭が取り扱いやすいようにしている。
予防としてはしっかり約束をすることが大切である。

そして具体的な面接法を教わった。基本はよく褒めることだ。やめることに失敗するのが当たり前で、失敗したら一から一緒にやろうという声かけが大切ということでした。

 鍼灸に来院される患者様は体の不調だけでなく、心の不調を訴えることも多い。そんな時に助けになることが少しでもできたなら。そう思って鍼療しています。

闘病中の方々、それを支える家族の皆様が今日も充実した一日を送れますように。
amaneバナー.png
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

posted by 本間ようこ at 01:14| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする