2017年03月13日

へバーデン結節について嬉しいお声をいただきました。

 両手の全指が第一関節が腫れ上がるへバーデン結節になってしまった患者様。
 へバーデン結節とはよく手指を使って細かい作業をする方がなりやすい、第一関節が痛みを伴い腫れてしまう疾患です。

患者様は整形外科で小指だけは手術してもらったのですが、曲げづらくなってしまったとのこと。そして他の指に関しては「することがないから、痛むときは鎮痛剤を出します」と半ば投げ出されてしまったと嘆いていました。

 作業をするときに第1関節が痛むのが悩みとおっしゃったので、全部の第1関節にお灸を3壮ずつしました。
Unknown.jpeg

すると、「指が楽になった!」と大変喜んでいただけました。

 あまね鍼灸マッサージ室はお灸をする時、火傷をしないように灸点紙という台紙を使うか、紫雲膏という火傷防止のクリームを塗ります。(ただし、例えば魚の目やタコなどはこれらを使用せず、完全に焼き切ります。)

「お灸は熱くて怖い」というイメージを払拭し、「お灸は優れた鎮痛効果がある」ことを皆さんに知っていただければと思います。

 病気で苦しんでいる方、支えている家族が笑顔で過ごせますように。今日も頑張っている方々の力に少しでもなれますように。

amaneバナー.png

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


posted by 本間ようこ at 22:56| Comment(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする