2017年05月02日

御高診願い

 鍼灸マッサージ師が医療人として行ってはならないこと。それは『患者様の状態を無視した抱え込み』です。

 私たち鍼灸マッサージ師は病気の「診断」はできません。しかしながら問診と手を使った検査法で原因のかなり近いところまで推測することができます。そして、中には病院で行うよりも正確な推測になることもあるのです。

 なぜなら私たちは必ず患者様の動きを触って、確かめて、痛みの原因を推測するからなのです。病院の中には全く触らずに簡単な問診をして、すぐにレントゲンやMRIをとって診断してしまう病院があります。
 
 人間は加齢によって骨が変形したり、筋肉が萎縮するのは当たり前です。でも、同じように骨の変形、筋肉の萎縮がある人でも痛みが出る人と、出ない人がいます。これは何故か??この答えは残念ながらレントゲンやMRIにはありません。患者様の体全体を触診し、お話をよく聞かなければ分からないのです。

 反対に、鍼灸マッサージが抱え込まずに、すぐに病院に紹介するべきケースもあります。それは、痛みが増悪するケース、中枢神経の障害が考えられるケース、寝ていても患部が痛いケースです。このようなケースの場合、生命を脅かす内科疾患が隠れている場合や、手術が必要な場合があり、鍼灸を続けて免疫を上げるためにも一度検査を受けていただかなければなりません。

 あまね鍼灸マッサージ室では、状況に応じて他の医療機関と連携をとり、患者様にとって一番良い方法をおすすめしています。紹介状、御高診願いも必要に応じ用意し、患者様が次の医療機関でスムーズに治療が受けられる準備をいたします。
 何よりも今、辛いことを少しでも楽にして差し上げることが私の使命と考えています。

amaneバナー.png
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村




posted by 本間ようこ at 22:41| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。