2017年05月09日

急性腰痛(ぎっくり腰)について嬉しいお言葉いただきました!

「腰が痛くて動けない」と車でご来院の患者様。

 お話を聞くと「なぜか朝から急に痛くなった」とのこと。動かしてどこが痛いのか確認できる状態ではないので、横向きで治療ベッドに寝ていただき、内科的所見がないか確認した後、治療を開始しました。

 まず確認するのがおへその周りをぐるっと一周する、奇経の『帯脈』です。腹部を緩ませないと、腰の治療の難易度はぐっと上がります。T.jpg
 
 急性炎症を起こしている部位に「鍼通電」(パルスと呼ばれることもあります)をすることがあります。使う機械はこのようなものです。08014001.gif鍼を目的の深さまで打ち、低周波を発するこの機械を鍼に噛ませると、目的の場所が収縮と弛緩を繰り返し、マッサージ効果が得られます。
「鍼通電」は普通の鍼よりも刺激が強くなるため、鍼の刺激が苦手な方にはしません。しかしながら、普通の鍼よりも血流促進効果が高いため、鍼に慣れた方には選択肢の1つとして入ります。

 あとは下半身の緊張をとり、しばらくは姿勢を保持しやすいように腰にテーピングをして終了しました。すると「痛くない!!」と大変喜んでいただけました
 
 ギックリ腰を起こした時は、まず安静にして患部を冷やしてください。間違えても湯船に浸かって温まることはしないでください。治療が1週間長引いてしまします

あまね鍼灸マッサージ室では往診も承っておりますので、お気軽にご相談ください😃
amaneバナー.png
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
 


posted by 本間ようこ at 11:49| Comment(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。