2018年01月07日

お正月に国立科学博物館に行ってきました!

 1月2日に国立科学博物館へ行ってきました
 国立科学博物館へは年に4−5回行くのですが、毎回整理券をゲットできず、入ることのできない『コンパス』も、1月2日は空いているだろう、しかも私が好きな『南方熊楠展』もやっている!!レッツゴーとなりました(笑)

 狙い通り、土日はごった返している博物館も、1月2日は空いています😃コンパスの整理券も手に入れ、ゆっくりと見て回りました。

 我が家はまだ子供が小さいので、やはり恐竜や生物が中心です。人の少ない博物館で見学すると、まるで映画のナイトミュージアムにいるよう
IMG_1051.jpgIMG_1052.jpg
 しかも国立科学博物館はボランティアさんが沢山いて、丁寧に説明してくださいます。
 そして『コンパス』の時間が来て、初めて中に入りました。
 
 コンパスは4歳〜6歳の子供を対象に、親子で楽しめる施設です。これが毎回大人気
IMG_1055.jpgIMG_1054.jpg

 入ってみて納得。滑り台や吊り橋など、体を動かしながら、目の前に動物の剥製があったり、沢山の本や標本があったり。大人も参加していいので、滑り台など滑ったら、私が重すぎて部屋の端まで滑ってしまいました(笑)

 決められた45分間、大人も子供もしっかりと遊びました。よく考えられた施設です。

 そして、楽しみにしていた南方熊楠展へ。南方熊楠は1867ー1941年、生物学者、博物学者で知られています。
 それと粘菌をもとに作り出した曼荼羅や、妖怪などの研究も有名で、非常に惹きつけられます。

 今回の展示で彼が細部に至り書き込んだノートを見ましたが、感動しましたなぜかそのノートを見ていると、いかに熊楠がスケッチしている植物に愛情を持っているのか、ヒシヒシと伝わってくるのです。
 自分へのプレゼントとして、熊楠が書いた菌類のシールを買ってしまいました。
IMG_1059.jpgIMG_1060.jpg

 熊楠は非常に癇癪持ちで、国内・国外、入った学校を次々と問題を起こしてやめてしまうのですが、そこもまた人間らしいというか、愛らしく、好きなところです。

 帰りは2度目の喫茶ギャランでフルーツパフェ。
IMG_1057.jpgIMG_1058.jpg

 相変わらず分煙ではないので煙たいのですが、オリンピックの年には変わるのかな?分煙体制が整うともっといいなと感じました。

 国立科学博物館。常設展はなんと大人620円で入れてしまいます。それでこの満足感は、なかなか他の施設では味わえないと思います
posted by 本間ようこ at 22:56| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする