2018年04月20日

静脈瘤について嬉しいお言葉いただきました!

左右の足に静脈瘤があり、重だるくて仕方がなく、昨年手術した患者さま。

手術後に足の重だるさはかなり改善されたのですが、長時間座っているとやはりだるくなってしまい、辛いとのこと。

腰の可動域を確認すると腰回りの筋肉も固くなっていたので、腰とお尻の筋肉中心に鍼通電療法を選び、足は1ミリ程度の刺鍼で皮膚の下のリンパ液が移動しやすいように皮膚を緩め、クリームマッサージで心臓の方に流していきます

 施術が終わると、「足が細くなって、本当に楽!!」ととても喜んでいただけました

 静脈瘤は立ち仕事や長時間の座り仕事の女性がなりやすい病気です。

 静脈は使い終わった血液を心臓に戻す役割をしていますが、静脈は周りの筋肉が動くことによって血液は心臓に戻ります。長時間筋肉を動かさずに重力に反する姿勢を取っていると静脈瘤になりやすくなってしまうのです。

 女性は筋肉量が少ない傾向があるので、歩いて筋肉量を増やすことも大切です

今後とも、喜んでいただけるように精進します

amaneバナー.png

 
posted by 本間ようこ at 09:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする