2018年09月28日

高橋鍼灸院さまのワークショップに参加してきました!

北千住にある高橋鍼灸院さま http://www.3989.jp
で開かれたワークショップに参加してきました

今回のワークショップは高橋先生がよく使用されている鍼通電療法がメインです。鍼通電療法とは鍼に低周波を流して、鍼先の筋肉を低周波で収縮拡張させ、筋肉のポンプ作用を促す方法です。

 私の治療室でもよく使用するため、受けられたことのある患者さまも多いと思います。
_MG_3487.jpg

 高橋先生の鍼通電療法は多岐にわたり、勉強してとてもためになりましたそして先生ご自身も、温かく、素敵な医療人でした!

 これからも患者さまのために精一杯勉強していこうと思います!

 高橋鍼灸院は見晴らしが良く、スカイツリーも見えます!解放的でとても素敵な鍼灸院ですIMG_1196.jpg

 患者さまからほうじ茶の差し入れいただきました!
IMG_1197.jpg

 休憩中に飲むとホッとします私の治療室に来てくださる患者さまは本当に思いやりのある方ばかりで、私が恐縮してしまいます。

 少しでもお役に立てるようにこれからも頑張りますよ



posted by 本間ようこ at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

横溝屋敷の「竹灯籠祭り」に行って来ました!

横浜市鶴見区にある横溝屋敷の「竹灯籠祭り」に行って来ました

横溝屋敷は江戸末期からの建物で、緑が多く、好きな場所の一つです。歩いてすぐの所に大きなショッピングモールのトレッサ横浜があるのですが、信じられないくらい横溝屋敷は緑が多いです

横溝屋敷の主催するイベントは日本文化にちなんだものが多いのですが、その中でも竹灯籠祭りは一番好きかもしれません。
決して規模は大きくないですが、とても美しいんです。

IMG_1192.jpgIMG_1193.jpgIMG_1194.jpg

「明かりが少なかった時代はもっと綺麗だったろうなあ」と想像しながら、ぼーっとリフレッシュしてきました竹の中でロウソクの火が揺れるのを見ると、なんとも心が落ち着きます。

 明日への活力をいただきました!!
posted by 本間ようこ at 00:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

「ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。」を読みました!

 幡野広志さんが書かれている「ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。」を読み終えました。
IMG_1189.jpg

 幡野さんのことを知ったのはツイッターでした。なんとも温かい気持ちになる写真を撮影されている一方、狩猟もされている写真もアップされていて、強烈に生と死のコントラストが伝わる印象を受けました。

 幡野さんは35歳で多発性骨髄腫を発病され、余命宣告を受けられて現在も闘病中です。2歳のお子さんもおられ、いつも書かれている文章は率直で怖くもあり、でも温かさを感じる内容です。

 その幡野さんが、息子さんに伝えたいことをまとめたのが、「ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。」です。

 幡野さんはこの本の生き方を息子さんに強制しているのではありません。それでも死に直面して、「大切にしてほしいもの」を伝えてくれています。

 子どもに渡したいものはお金ではなく、知恵と言葉。とても素敵な本です。
 もう少し我が家の子供達が大きくなったら読ませてあげたいと思います

 子供達が大きくなるころ、今の時代とは全く環境が変わっていると想像すると、今の私の価値観を押し付けるのではなく、しっかりと考える大人になってほしい。

 まだ見ぬ未来が想像できる本でした
 
posted by 本間ようこ at 23:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。