2018年08月17日

「鳥居塾鍼灸実技講座」に参加してきました!!

「鳥居塾鍼灸実技講座」に参加して、鍼灸実技を研鑽してきました

 塾の講師である鳥居諭先生は名古屋市天白区塩釜口にある「しおがま鍼灸治療室」の院長で、筋膜治療器具「ミオラブ 」の開発者です

 しおがま鍼灸治療室はこちら→ http://tps-torii.com

 鳥居先生から教わるようになり、夏くらいからこの「ミオラブ 」を治療に取り入れています。患者さんたちにはうつ伏せの時に使っているので、あまり記憶にないかもしてませんが、中には「おっ!本間が新しいことやってるぞ!」と思われた患者さんもいるかもしれません

これがミオラブ です↓
19059448_293778741082128_2236011066625934989_n.png

 筋肉は筋膜という膜に保護されているのですが、長時間同じ姿勢で筋肉を引き伸ばしたり、逆に筋肉を使いすぎたりすると筋肉だけでなく筋膜も固くなり、外側にある筋膜が固くなると内部の筋肉が更に圧力がかかってパンパンに固くなるという悪循環が生じます。
 このミオラブ という治療器具は今まで私が手と指で行ってきた筋膜リリースを更に広い面積で、より深部に圧力をかけて行うことができる優れものです
 
 鳥居先生から指導を受けているのはミオラブ だけでなく、鍼の指導も受けています。鳥居先生の鍼は完全に解剖学に則った、非常に的確な刺鍼方法です。一見見落とされがちな細かい筋肉への指鍼法、深層にある筋肉や神経に向けてとても難易度の高い鍼の技術をお持ちです。

 そして、その講座に集まる鍼灸師の方々も非常に志の高い方達ばかりです。

 講座は二人一組でとにかく鍼を打ち合う肉弾戦です(笑)このように、鍼灸師たちは技術を磨いていきます。

 私の技術が、更にみなさんに貢献できるように、しっかりと学んでいきたいと思います
 
posted by 本間ようこ at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください