2018年01月23日

嬉しいお言葉いただきました!(手指の痺れ)

 「この20年来、左手の小指の方が痺れて感覚が薄く、気持ちが悪い」とおっしゃる患者さん。

 整形外科に行ったところ、「首の周りの筋肉が硬いのでしょう。」と説明を受け、血流が良くなる薬を処方されたのですが、改善されないので、あまねにいらっしゃいました。

 指の痺れの原因は脳の問題、首の骨と筋肉の問題、胸の骨と筋肉の問題、腕の骨と筋肉の問題、指そのものの問題と、沢山の場所が疑われます。

 「整形外科でこう言われた」という診断はとても重要なポイントなのですが、言われた診断と同じくらい大切な治療ポイントが隠れている場合もあるため、あまねでは「診断を受けています」という患者さんでも、症状の確認と手で確認できる検査は再度しています。

 この患者さんは確かに首回りは非常に硬くなっていて、首回りの筋肉で指への神経を圧迫している様子が伺えます。でも、それと同じくらいに肩を内回しにする筋肉が固くなっています。ここも大きなポイントでした。
 首回りと肩周りの筋肉を施術し、血流が悪くなっている指先にお灸をすると「あれ??なんだか良いみたい!感覚が久しぶりに戻った感じがする!!」と大変喜んで帰られました。

 20年痺れがあると、完治は難しいと思っています。しかしながら、施術を繰り返し、薄皮を剥くように少しずつ快方に向かい、気にならなくなるまでに1年くらいはかかると思いますが、一緒に頑張ります

amaneバナー.png
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
posted by 本間ようこ at 23:38| Comment(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

お灸教室開きました!

 お灸教室開催しました

 本日の参加者はおひとりだったのですが、その分ゆっくりと丁寧に体験していただくことができました。

 まずは質問シートにお答えいただき、ご自身の体質がどれに当てはまるのかを知っていただきます。
 今回の参加者様は『腎』のタイプ。お灸の主成分、もぐさ作りから。乾燥させたヨモギを丁寧に擦って、漉していきました。
 何度も擦って漉していくと。。。最後には。。。ジャーン
IMG_1075.jpg

 見事もぐさになりました

 その後にはツボを取る練習をして、台座灸を使ってお灸。「体が柔らかくなった!」と喜んでおられました。

 そして、ご自身の経絡に沿って、棒灸体験。最後にお灸のプチプレゼントで終了です

 次週25日のお灸教室は定員に達したため、受付終了いたしました。

 来月は『肩こり』をテーマにしたお灸教室を開催します。まだ日程がはっきりとしないのですが、ご興味ある方はご参加ください!また、お友達と2名以上で受けたい場合は別日を設けることもできますので、ご相談ください

amaneバナー.png

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
posted by 本間ようこ at 22:58| Comment(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

嬉しいお言葉いただきました!(坐骨神経痛)

 「腰とお尻が急に動くと痛くて、太ももの後ろが痺れることがある。😞」という患者さん。事務職なので、座っていることが多く、運動も中々する時間がないとのことでした。

 最近では「長時間の座り続けると死亡リスクが高まる」というアメリカの発表があるくらい、「座り続けること」の危険さは浸透しつつあります。現に、最近では外資系企業を中心に、デスクの高さが代わり、立って仕事ができるという環境も徐々に整っているようです。

 あまねでは腰痛の患者さんが多くいらっしゃいますが、大抵共通しているのが、「長い時間同一姿勢」という点です。

 そのような場合、よく鍼通電を使います。鍼に電極を装着し、低周波を流し、鍼先の筋肉を収縮・弛緩させるものです。

 鍼通電はペースメーカーなど体内電流機器が入っている場合、知覚脱失している場合、極度の循環障害などがある場合以外は使用でき、かつ鍼を打ったまま置いておく(置鍼)よりも血液循環量が増えることが分かっています。

 最初に体の動きをチェックし、動きにくい筋肉や神経を狙って、鍼通電で動かすと、本当にスッキリします。今回の患者さんも「変な痺れが消えて、とても楽です。これからは運動も増やします」ととても嬉しい言葉をいただきました

 実際、駅まで歩くようにしたり、階段を使うようにしたりで、痛みはだいぶ軽減されているようです

 みなさんのお力になれるように、今後とも精進します

amaneバナー.png

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
posted by 本間ようこ at 07:55| Comment(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする