2018年04月18日

『魚の目』に関して嬉しいお言葉いただきました!

 定期的に通ってくださる患者さま。「最近右足の魚の目が痛くてウオノメパッチを貼っているんだけど、痛いままなのよね」とのお話です😵

 確かに右足の親指と人差し指の付け根の下の方にウオノメがあります😠確かに痛そう

 でも、大丈夫ですよ!ウオノメやタコはお灸で取ることができます

 硬くなった角質の上にひねったモグサをのせて角質を炭化させていきます。分厚い角質の芯の部分のみ焼いていきますので、さほど熱くはありません。

 ウオノメの芯の部分を炭化させると、焼かれたところを補修しようと新しい角質が炭化したところを押し上げていきます。そして芯が上に上に上がっていき取れるという仕組みです

 焼いた後は痛みが減っています。角質の厚さによって違いますが、だいたい3回から5回で痛みはなくなります。普段の肩こりや腰痛などのついでに行えます

これからも喜んでいただけるように精進します

amaneバナー.png

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

 
posted by 本間ようこ at 12:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

我が家の愛犬が階段から落ちてしまいました!

3日前に我が家の愛犬が階段の2階から1階に転がり落ちてしまいました

 ボストンテリアで16歳になる愛犬は、もう目が見えず、耳もほとんど聞こえません。我が家の2階にあるリビングで生活しています。私が帰ってくると気配を察して匂いでドア前までお迎えに来てくれる可愛いおじいちゃんです。
IMG_1108.jpg

 リビングの前に階段があり、目が見えないので「落ちたら大変!」と思い、いつも閉め忘れないように気をつけていたのですが、魔がさしてドアを開けたまま1階のお風呂掃除に出てしまいました。

 すると「ドンガラガラ!!」とすごい大きな音がして、掃除中に振り返ると愛犬がもんどり打ちながら1階まで落ちて来たのです

 慌てて駆け寄って、抱っこをして、まずは怪我の確認。骨折がないか全身の骨を優しく叩いて反応を見ます。
 愛犬の瞳孔は開いて、鼻は乾き、脈拍が異常に早いため極度の興奮状態になっていましたが、幸い骨折はなさそうです。
 次に腹部の内臓が大丈夫か確認しました。これも特に大きな反応はありません。

 しばらく背中と後ろ足をマッサージしていると、段々と落ち着いて来て、鼻をピクピクさせたので、ベッドに戻してあげました。

 3時間後にお散歩に行ったのですが、右後ろ足が前に出にくいので、いつもの半分で折り返し。
 帰宅してマッサージとお灸をしてあげました。

 2日間マッサージとお灸を続けていたら、歩行距離も段々と伸び、今では怪我の前と同じ散歩コースに戻りました

 本当に肝を冷やしましたが、戻ってよかったです!そして、犬も熱すぎないお灸は大好きで、特に老犬の体調管理にはうってつけだとしみじみ思いました!

amaneバナー.png

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
posted by 本間ようこ at 12:47| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

絶滅危惧種のエリマキキツネザル

 春になって、体調を崩す患者さまが増えています😖

 多いのが頭痛と怪我です。頭痛は自律神経が関係することが多いので、気圧と天候の変化が激しい季節の変わり目は非常に出やすくなります。そして春は色々な環境の変化が起きて、忙しく、ご自分の体のメンテナンスは後回しにしがちです。

 そして怪我は「忙しい!」ことが原因の方が多いです。時間に追われて急いでいるときの「あっ」という瞬間に起きています。私も含めてバタバタとしている時は本当に注意です😵腫れを伴うことも多く、鍼灸ではお灸と通電鍼をよく用います。

 さてさて、先日、少し空き時間ができたので、自転車で『夢見ヶ崎動物公園』に行きました
 
 夢見ヶ崎動物公園→ https://www.yumemizoo.com

 ここは無料で入れる公園なのですが、ペンギンやレッサーパンダなど、子供の喜ぶ動物もたくさんいて、坂の上にあるので眺望もよく、坂の下にあるお団子屋さんでお団子を買って、のんびりしながら息抜きをします。

丸まって、おにぎりみたいに可愛くなっている「エリマキキツネザル」の写真を撮りました
IMG_1107.jpg

普段の姿はこんな感じ(夢見ヶ崎動物公園のHPより)
post-thumbnail_y.jpg

 知らなかったのですが実はこのエリマキキツネザルはジャイアントパンダと同等の絶滅危惧種に指定されているそうです
 とても飼いやすいため、ペットとして狩られてしまったのが原因のようです。。。確かにとっても可愛い。

 そんな貴重な動物が身近にいたとは驚きました。大切にしたいですね。

amaneバナー.png

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

 
posted by 本間ようこ at 12:06| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする